ビジネスのシーンで欠かせないドレスシャツ - 身長に関係なく着こなせるドレスシャツ

ビジネスのシーンで欠かせないドレスシャツ

ドレスシャツは、ドレスという名称がついていることからパーティーシーンで着用するようなシャツのように思われがちですが、一般的なワイシャツのことを指して呼ばれています。


普段着として着るようなシャツをカジュアルシャツと呼ぶのに対して、ビジネスのシーンで着用されるスーツの下に合わせるシャツをドレスシャツと言われ、ネクタイをすることを前提として衿ぐりにネクタイが通せるように台襟がついて襟が高くなっているのが特徴的です。

ドレスシャツの情報を幅広く扱っているサイトです。

ドレスシャツを選ぶときのサイズには、カジュアルシャツと違って細かく設定がされています。SやM、Lといった全体的な大きさだけで購入するのではなく、襟ぐりの長さと裄丈も合わせて選ぶことになります。第一ボタンを閉めてネクタイをすることになるので、自分の首の太さに対して小さいとなると第一ボタンが閉まらないことになり、大きすぎるとネクタイを締めてもだらしがないように見えてしまいます。

また、裄丈は肩幅の半分の長さと袖丈を合わせた長さとなり、ジャケットの袖口からちらっとシャツが出るような長さが最適とされています。

他にも、標準タイプや細身タイプなどシルエットから選んでみたり、身長が高い人にはトールサイズとしてシャツの裾がズボンから出てしまわないように着丈が長いものなどもあります。
ジャケットを着てしまえば衿元と袖口程度しか出ることはありませんが、社会人として自分にぴったりのサイズを選ぶことは欠かせません。


小さすぎても違和感がありますが、大きすぎることも信頼性が欠けるようにも見られてしまうからです。



身だしなみを整えることは、仕事の成績に左右されることにもなるので、サイズ選びは気を抜くことができません。