ドレスシャツを正しく選んでお洒落に着こなす - 身長に関係なく着こなせるドレスシャツ

ドレスシャツを正しく選んでお洒落に着こなす

自分に合ったドレスシャツを選ぶ際の大事なポイントの一つは、ネックサイズです。第一ボタンを留めた状態で指が一本入るくらいを目安にすることができます。

窮屈に感じるからと言って、これより大きなサイズにすると襟が下がり、だらしない印象を与えてしまうでしょう。
またドレスシャツを選ぶ時には、合わせるスーツとも大きな関連があることを覚えておくのはよいことです。

ドレスシャツ関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

例えば、ツーボタンスーツのように襟が開く角度が狭いタイプのものに合うのは、襟の角度が狭いロングポイントカラーやレギュラーカラーなどを選ぶのがよいと言われています。

それに対して、スリーボタンスーツに合うのは、襟の角度が広めのワイドスプレッドカラーなどでしょう。

この点でVゾーンの法則に従ってドレスシャツを選ぶなら、バランスよく着こなすことができます。
さらにドレスシャツをお洒落に着こなすためには、フィット感も重要な要素となります。


シルエットがたっぷりとしたシャツを着用する際、余った生地がVゾーンでシワになっているとした、それは非常に勿体ない着こなしと言っても過言ではありません。
身体にフィットしたシャツを選ぶのが大事なポイントと言えます。



これらに加えて、本当に格好良く着こなしたいと思うなら、スーツの後ろ襟から出るドレスシャツの襟が長すぎも短すぎもしないようにするのがポイントです。

仮に、後ろ襟から覗くシャツの襟が長すぎると野暮ったく見えてしまいますし、短すぎると窮屈な感じに見えてしまうものです。

この長さを十五ミリにするのが洒落に着こなすコツと言えるでしょう。